The Great Escape

Tottenham Hotspur Fan Blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は吠えるが、キャラバンは進む

え~っと、お久しぶりの更新でございます(笑)もう3ヶ月も経ちましたか。早いもんです。時の流れってものは。
この間、色々な事がございまして。ざっと振り返りますと、ベンフィカに敗れてELからは姿を消し、強豪相手の試練の3月は悉く負け続けてCL争いから脱落。確たる目標を見い出せないまま粛々と残り数試合をこなし、時に勝ち、時に負けてシーズンを終えました。そして、半ば既定路線だったとはいえ、シャーウッドの解任。今更、一つ一つ丹念に振り返る事に大きな意味を見出せず、この3ヶ月の当ブログの空白をなんとか取り戻そうと過去に目を向けるよりかは未来を見据えましょうってな気分、というのが正直なところ。2013/14シーズンの総括というか反省は気が向けばまた別の機会に・・・と思ったが、きっとやらないな(笑)。良い意味で頭の中をリセットというか、リフレッシュして前を向くのが今は良いのだろうな、と自分に言い聞かせてる今日この頃です。ちょうどよく、W杯も始まりますしね。
まあ、僕という《犬》が吠えようが吠えまいが、スパーズという《隊商》は歩みを止めること無く進むわけですがね。
いや、見方を変えればむしろ、自分が《隊商》なのかもしれない。不甲斐ないスパーズを貶める輩《犬》が吠えようと、スパーズが好きだし、スパーズサポを辞めたりはしないわけだから。

ティム・シャーウッドの解任
とはいえ、シャーウッド解任については多少なり触れておかねばならないでしょう。まずは、お疲れ様でした。
数々の際どい言動。立ち居振る舞い。日替わりの戦術。まるで読めないチーム作り。賛否両論あったと思います。
ただ、少なくとも言えるのは彼を責める気にはなれないという事。AVBの解任から他の候補を探るも難航し、半ば暫定の形で彼に託さざるを得なかった経緯を踏まえれば、彼をどうして責められようか。現時点でトッテナム・ホットスパーのトップチームを率いる器だったのかと問われれば、間髪入れずに「NO」と私は答えます。それでも、ティム・シャーウッドという男がこれまで育成年代で大きな功績を残してきたのは紛れもない事実だし、その一見するとエキセントリックな言動も、不安定な立場の中でなんとか自分をアピールしたい、スパーズを良い方向に持って行きたいという情熱故だという事も十分に分かっている。ただただ、《不器用》だった。同時に、率直で熱く、信念を貫こうという《強さ》は確かに持っていたのだと。長い目で見るべきであったのにも関わらず、状況がそれを許さなかった。ある意味では、彼をこういう形で監督に就任させ、解任に至らせてしまったのは、双方にとって不幸であったと感じます。
まだ若くこれからの監督。不本意な別れとはなりましたが、次の場所での成功を祈っています。

マウリシオ・ポチェッティーノの就任
さて、始まった新監督探し。本命視されたのはオランダの重鎮ルイ・ファン・ハール。就任まであと少しのところまでは行っていたと推測されるが、結局はマンチェスター・ユナイテッドを選択。スパーズの思惑は外れることとなる。
まあ、こればかりは仕方ない。こと監督人事については水ものでして、縁が無かった。ただ、それだけでしょう。
次に浮かんだ有力な候補は2人。フランク・デブールとマウリシオ・ポチェッティーノ。前者はアヤックスをエールディビジ4連覇に導き、後者はサウサンプトンを中位に押上げ、名声を高めた。共に40代前半、これからのサッカー界を担う優秀な若き指揮官だが、スパーズはポチェッティーノの招聘を決めた。おそらくは、迷いに迷った末の決断だ。

ポチェッティーノ就任についての雑感であったり、予想される補強、どのようなチームになっていくのかという妄想は膨らむばかりなので一度に書いてしまうのはもったいない。なので、また日を改めて、順を追って考えていくこととしましょう。まずは、ようこそ!ポチェッティーノ。これからは、親愛を込めて《ポチェ》と呼ばせて頂く。
契約は5年、失われつつあるスパーズのアイデンティティを取り戻す為の戦い。それすなわち、攻撃的で、見る者をワクワクさせる『楽しいスパーズ』の復活を目指す戦い。そして、再びCLという夢舞台への返り咲きを目指す戦い。
いずれにしても、どんな試合展開であれ、最後まで決して安心出来ない興奮と不安(これは無くても・・・いや、欲しい?笑)、極上のエンターテインメント性は忘れずに(笑)。願うならば、よりダイナミックで情熱溢れる戦いを。

よりパワーアップが予想されるライバル達。おそらく、昨季以上に厳しい戦いが待っている。ポチェッティーノの過去の実績から、その手腕を懐疑的に見る者も多いと思います。でもね、そんな雑音は気にせず、信念を持って前へ進めばいいんです。「本当にポチェで良かったの?」という声があるなら、「ポチェで本当に良かった」に変えればいい。
今から楽しみな、2014/15シーズン。『ポチェと愉快な仲間たち』。新たな物語のはじまり、はじまり・・・。

関連記事

Older Entryファンデ・ラモスとの再会
Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。