The Great Escape

Tottenham Hotspur Fan Blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーツアーへ、ようこそ

ティム・シャーウッドが読めない。

全く策を持ち得ていないかのような凡戦を披露したかと思えば、こちらの予想を真っ向から覆すような好ゲームを演出してみせる。自らの育てた若手を重用する頑固さを貫く傍ら、試合ごとにシステムを変え、選手の配置も変えてくる。
直近の3試合。すなわちハル戦、エバートン戦、そしてニューカッスル戦。全ての試合で異なるフォーメーションを採用し、バックラインの人選から、中盤の構成に至るまで大きな変更を加えている。まるでその胸の内が読めない、というのが正直な感想だ。そしてまた、その3試合の色がまるで異なり、全く別のチームを見ているのかと錯覚するほどなのだから、こちらの困惑にもなお一層の拍車がかかるというもの。目的地はどこなのか。我々はどこへ向かって進み、どれぐらいの時間がかかるのか。それすらも知らされないままに乗り込んだバスに揺られているかのような感覚。
どうなるかわからない不安と、だからこそのワクワク感、驚きが詰まっている。ミステリーツアーへ、ようこそ。

ハル戦は見るに堪えない程の絶望的な内容だった。期待されたアデバヨールとソルダードの2トップは沈黙。チーム全体の動きも重く、単純なミスのオンパレード、良い働きをしてる選手を挙げるのも難しいほどのお粗末なプレーの数々。それに加えて、チームがどう攻め、どう守るのか、何を狙っているかがわからず戦術的な動きは皆無。おまけに交代カードも切らずじまいのまま終盤へ突入する体たらく。無策と評されてもなんら可笑しくはないほどの稚拙なベンチワークに思わず頭を抱えた。結局、低調な内容のままにドロー。むしろ勝ち点1を取れたのが不思議であった。

続くエバートン戦。監督交代の影響もなんのその、好調を維持して順位表でもスパーズの上に位置する難敵であることを差し引いても、決して褒められる内容では無かった。前節に機能しなかった2トップから1トップへと変更したが、前半は前任のAVB時代を彷彿とさせる各駅停車でリズム感の無いパス回しに終始。前線の動き出しも乏しく、全く攻撃の形すら作れずじまい。後半にやや持ち直したものの、結局はアデバヨール頼み。勝利に値する内容には程遠かった。
この2戦を受け、ファンのフラストレーションは急上昇。確かな方向性が感じられないチームの不安定な戦いぶりに、ポジティブな要素を見出すのは難しかった。『やはりシャーウッドじゃダメなのか』そんな声が日増しに高まる。
かくいう私自身もそうだ。”このままでは来季続投は厳しい”との認識が、もはや確信に変わりつつあったのだ。

しかし、わからないものである。2004年以来、勝利から遠ざかっている鬼門セントジェームスパークに乗り込んだニューカッスル戦。ネガティブな空気を一掃する試合をやってのける。結果は攻守に圧倒しての4-0。完勝だった。
デンベレをウイングに配置する奇策。主将のドーソンを外し、怪我明けのカブールを抜擢。否定的だった守備的MFカプーの起用…。打つ手が全て当たる会心の勝利。ティム・シャーウッド。この男、ただの凡人か、はたまた鬼才か…。

勿論、現段階ではまだ評価を下すには早い。いや、評価を下せる程にシャーウッドのチーム作りを掴めていないというのが正しい。次にどういう試合をやってくれるのか、どういう戦術、采配を見せてくれるのか。本来、監督が就任してから10試合も見ればある程度の方向性、志向というのが見えてくるものなのだが、ことシャーウッドに関してはまだよくわからないというのが本音なのだ。なにせ、読めない。彼にはれっきとした策があり、着々と歩みは遅くとも、思惑どおりに前に進んでいるのか、それとも行き当たりばったりで打った手がたまたま当たっただけなのか。それがわかるにはまだ時間がかかりそうだ。ただ、現段階で言えるのは、そんな試行錯誤で不安定な戦いぶりすらも楽しむ心の余裕は持ちたい、という事。また、そんな試行錯誤の中から見出した一筋の光(偶然の産物なのかもしれないが…)は確かに明るく、眩しかったという事。未だシャーウッドを心の底から信じるとまではいかない。それでも、余計な先入観を捨て、フラットな気持ちで。ただ、乗り込んだ目的地不明のバスにその身を任せ、揺られるのも、そう悪くない。

関連記事

Newer Entryファンデ・ラモスとの再会Older Entry獲得ゼロ ~冬の移籍市場を振り返る~
Comments
comment
いつも楽しく読ませていただいております。シャーウッドですが、試合を重ねるごとに考えが柔軟になり、結果的に良い方に作用してきているのかもしれませんね。

特に守備的MFの配置。これはマストですね。後ろに1人いてくれるだけで、ベンタレブやパウリーニョに自由を与え、結果的により攻撃的なサッカーを展開できますし。残りのシーズン、本当に楽しみですね!
comment
本当にお久しぶりです、ゆーやさん。
もうお忘れになっている可能性のほうが高いですが、
前フォーラムやブログでコメントさせていただいていた者です。
あの頃はモドリッチやクラウチがいて、必死に4位目指していましたね、懐かしいです。
いきなり現れて誰やねん、てなられると思いますが(笑
またゆーやさんがブログを始められたのを見つけて本当に嬉しく思っています。
またちょくちょく現れてコメントさせていただきたいです、更新頑張って下さい(^^)楽しみにしています!(^^)


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。