The Great Escape

Tottenham Hotspur Fan Blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Ade"cted To You

エマニュエル・アデバヨールが止まらない。

もはやチームに居場所はなく、若手に混じっての練習を強いられていた時期も今は昔。「忘れかけられていた」男が今や新生シャーウッドスパーズの軸として、その地位を確固たるものとしつつある。地獄からの生還。
別に彼である必要なんてない、他にもストライカーはいるし。そんな声すら聞こえてくるかのような場所から。
ややオーバーかもしれないが、彼の置かれていた立場と現在の状況、そして、その間に流れた時間がわずか1ヶ月半ということを思えば、決して大げさな表現ではあるまい。かつて宿敵のエースとして、幾度も我々を絶望の淵に叩き込んだ憎らしいほどの凄みが、そして、幾多の失望、憤り、悲しみを乗り越えて、ピッチの中で楽しそうに躍動する姿が戻ってきた。柔らかいボールタッチ、しなやかな脚さばきに深い懐。その一つ一つのプレーを、噛みしめるかのように。

最前線に陣取るだけではなく、時にサイドに流れスペースを作り、時に中盤に降りてゲームを組み立てる。試合全体を俯瞰して眺め、チームに必要である事、彼自身に求められているものを忠実にこなす。ここぞという一瞬の隙を逃さないゴールへの嗅覚、その機会を確実にモノにする確かな決定力。氷のような冷静さ、活火山のような滾る情熱。
今の彼にはその全てが備わっている、とさえ感じる。今の彼を止められる者は、そう多くない。

ティム・シャーウッドが率いてから彼は全試合に起用されており、8試合6ゴール(リーグ戦は6試合5ゴール)。
その決定力は凄まじく、驚異の33.3%(前節の時点)を記録。プレミアリーグの中でもトップの数字だ。
それまで深刻な得点不足に陥っていたスパーズが、シャーウッド就任以降、急激に得点が増加している最大の要因は、アデバヨールの覚醒である事に疑いの余地は無いだろう。何せ、ほぼ全ての試合でゴールに絡んでいるのだから。

4-4-2をメインシステムに変更したシャーウッド(本人は「システムなど言葉遊びに過ぎない」と言うだろうが)のシンプルな戦術がハマっている形だが、その攻撃の鍵を握っているのが今のところアデバヨールであると感じる。
1トップで孤立する場面が多かったソルダードもアデバヨールと組んだ2トップ移行後はチャンスが増えている(そのチャンスを決められていないわけだが…苦笑)のは明らかで、今後コンビの連携を深めていけばゴール量産体制に入るのも時間の問題かもしれない。また、エリクセン。彼もまた、アデバヨール躍動の恩恵を受けている一人だ。
クリスタルパレス戦で見せた後方からのフィードをアデバヨールが落としてエリクセンが決めたゴール。(敵将のピューリスがストーク監督時代によく用いていた戦術のお株を奪うかのような)シンプル・イズ・ベストなパターン。これは、かつてクラウチとファン・デル・ファールトのホットラインを彷彿とさせる、実に痛快なゴールだった。
これらは、今のアデバヨールが自分が生きるのは勿論、周りを活かすことも出来ている一つの証明だと言えるだろう。

前節のスウォンジー戦ではこれまで用いてきた4-4-2ではなく、シャーウッド体制では初めて前線にアデバヨールを配し、その下に中盤を厚くする1トップ(4-1-4-1)のシステムを試してきた。まだ十分に機能してるとは言い難いものの、4-4-2だけではなく1トップの戦術もオプションとして、ある程度は使える目処が立ったのは収穫と言えるし、その十分に機能したとは言い難い中で2ゴールを奪って見せたのだから、彼の充実ぶりが窺えるというもの。
4-4-2なのか1トップなのか。(個人的にはソルダードとアデバヨールの2トップを煮詰めていくのがベストと思っているのだが…)そのどちらを用いたとしても今のアデバヨールならばゴールを叩き込んでくれる期待感があるのは確か。
何より、屈託のない笑顔で楽しそうに、生き生きと、目を輝かせながらプレーしている彼から目が離せない。
そんな彼を見てると、戦術がどうだ、システムが云々などは瑣末な事に過ぎないのではないか?、とすら思える。

そう、今はただ、黒豹の如くしなやかにピッチを駆けまわる、NO.10に夢中なのだ。

次節の相手はようやく本領を発揮し始めたマンチェスター・シティ。アデバヨールにとっては難しい時間を過ごした古巣との対戦だ。完全復活を印象づけるには、これ以上ない舞台が整った。彼は必ず決める。勝利へ導くゴールを。
信じれば信じるほどに、力を発揮する。だから、信じたい。いや、信じよう。彼はそんな期待に必ず応える男だから。

関連記事

Newer Entry獲得ゼロ ~冬の移籍市場を振り返る~Older Entryデフォー放出が間違いである3つの理由
Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。